注意したいこと 葬儀マナー完全ガイド!

注意したいこと

故人が親しい方であったり、御近所の方であれば、お手伝いすることがあるかもしれません。
お手伝いが出来ることがないか尋ねます。
時には、エプロンなどを持っていくと良いでしょう。
人手が足りていれば、すぐに引き上げても失礼ではありません。

通夜に参列すると、通夜振る舞いでのもてなしがあります。
現在は、弁当やサンドイッチ、お寿司などが断らないのがマナーです。
地域によっては、お饅頭やお菓子で、もてなされるところもあります。
通夜の際に『御淋し見舞い』として饅頭や茶菓子を香典と一緒に持参しても良いでしょう。
弔問客が多いと、喜ばれるものです。

故人と対面したい場合は、遺族から申し出を受けてから行いましょう。
以前、参列した葬儀で、遺族が席を外している間に、勝手に対面しようとしていた弔問客がいました。
スタッフに止められていましたが、このようにデリカシーのない態度は、マナー違反の何ものでもないでしょう。
遺族の気持ちを考えない行動をとって、白い目で見られないように気をつけましょう。
タグ:注意
posted by マナー at 08:00 | 葬儀 マナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。